市川市の注文住宅、木の家専門の工務店

  千葉・市川市の注文住宅、木の家専門の工務店

サイエンスホーム市川店
     家づくりのめぐみ建設

〒272-0811 千葉県市川市北方町4-1783-23

見学予約受付 9時~18時
年中無休

047-301-2997

間取りのヒント

予測できる家族変化、「おふたりさま」になっても楽な間取りは家族みんなが楽です。
市川の注文住宅、家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくり。

大事な間取りのヒントになるかなと書いています。

これからの家作り

小上がりコーナー

これまでの家づくり
・子供中心
・夫婦寝室は狭い(二人で6帖か8帖)
・子供部屋の方が広い(一人6帖)
・リビングを通らず顔を合わせないホテル型
他人との話は玄関で
これまでの家づくりの結果
親子の会話が減る
子供は部屋に鍵をかけて快適な自分のスペースにこもる
これからの家づくり
・夫婦中心
・夫婦主寝室は広く機能的
・子供部屋は狭く寝るだけ
・リビングはコミニュティルーム
十分に広く、親子の会話、友人とのつきあい
長生きの時代になったのだ、考えてみよう
・長くなった時間
子供が自立後、夫婦だけで暮らす時間
子供部屋が物置になり誰も使わない時間
夫婦中心で家づくり
夫婦寝室を広く
夫婦それぞれの「スペース」をリビングに
子供をこもらせない3帖寝室
リビングはテレビ中心になりがちなのでダイニングを重視
大きな大きなダイニングテーブルを置く
大きなテーブルで家族が好きなことをやっている
子供の勉強、お茶、パソコン、読書

大きなダイニングテーブルが有るならソファは有っても無くてもクッションだけでも

はだしの暮らしで清潔な床に住む日本人はソファを背もたれにして床に座ることも多いのでソファは不要ともいえますね。
こんな暮らし方どうですか?

家族が笑顔で暮らすのが目的の家づくりです。

資料請求はここをクリック

間取りを考える人は誰?

動線は短く

昨日ウチに来た人の家族のキッチンの話

「ねえ、ウチの娘の家、すっごく使いにくいの」
「冷蔵庫の手前に壁が有って回り込まないと開けられない」
「不便よ、ドアの空き方が遠い側から開けるの」
「なんでこんな間取りにしちゃったの?!って文句言っちゃった」
こんなことありがちですね。

誰が間取りを考えているんでしょう?
生活感のない人が考えているのだろうと思います。
住んでから便利かどうか考えない。
動きやすさとか、面倒でないとか、自分で家事をしない人には関係ないからね。

誰がプランするかでまったく違う暮らしになります。

家族が笑顔で暮らすのが目的の家づくりです。

資料請求はここをクリック

将来までの間取り計画

部屋数を多く作った時代

戦後、高度成長期時代、家はステータス、すごろくの「あがり」でした。
戦後の個室重視、子供の数の部屋を造り、大きな家が望まれた時代。
家を建て、定年が来ると人生ももうじき終わり、と思っていました。

90歳、100歳まで長生きの時代が来るとは考えられていませんでした。
年金にとっても計算違い。
年金は人はそんなに長生きするとは考えられていなかった時代のシステムです。
だから破綻しつつあります。

そのころはまだ子供が家を継いでくれると思ったから大きな家を建てました。
年金暮らしになってからの住宅のメンテナンスは貯蓄を崩して行うことになります。

後悔しているのは大きな家を建てた人。
子供は一緒に住まないし、メンテナンス費用は高いし。

小さな家の人は大きい家じゃなくて良かった、といいます。
長生き、核家族があたりまえの時代が来るとはまったく予定外でした。

誰もいない2階の部屋をお掃除するとき、小さい家に越したいと思う。
小さなバリアフリーの家を建て、大きなリフォームをしないよう、将来まで見通す間取り計画を進めましょう。

家族が笑顔で暮らすのが目的の家づくりです。

資料請求はここをクリック

わがままに暮らす家

家族だから

わがままに暮らしたい。
ドアの開閉って面倒、だから廊下は無くていい。
子供に自然に声を掛けたい。
夫の様子にも気を配りたい。
なんとなくほんわかと家族の気配を感じたい。

とにかく、面倒とか不自然な感じとか、そういう暮らしは嫌。
家族だから他人同士のように暮らしたくない。
いずれ自立した子供が気軽に帰りたくなる親子になりたい。

わがままに暮らすには、間取りが要。
自分たち家族がどう暮らしたいか、そこに焦点を当てて考える。
家に合わせて住むなんてつまらない。

家族が笑顔で暮らすのが目的の家づくりです。

資料請求はここをクリック

子供部屋は必要?

キッチン周りにカウンター

頭の良い子はリビングで育つという話を聞く。
東大生が「リビングで勉強した」と答える。
小さい頃からリビングで勉強させそのまま保つ。
雑音のあるリビングで勉強すると集中力がついて試験の時も周りの雑音に気を散らさないそう。

「自分の部屋で勉強しなさい」と言わない。
家族にも「お兄ちゃんが勉強しているから静かにして」と言わない。
集中していれば聞こえないからです。

本番の入試で他人の音が気になり集中できないなんて、かわいそうすぎます。

自分の部屋は勉強以外のための部屋。
ゴロゴロしたいとか寝るとか。
しかも、一人で自分の部屋で眠るのは10歳以上になってからだし。

子供部屋は寝るためと自立心が育つのに必要だが、勉強部屋としては不要かも。

食事のたびに「片づけて」とさえぎらなくてよい勉強コーナーを設けたらどうだろう。
将来はパソコンコーナーや家事コーナーに転用できます。

家族が笑顔で暮らすのが目的の家づくりです。

資料請求はここをクリック

親が住みやすいという家

家族みんなの居場所

和やかになり心地よいと感じられたら、家に居場所があるのだと思います。

壁が無いと導線がつながりやすく家族の気配が行き渡る家となります。
スキップフロアのような段差が多いといずれ大規模リフォームになるかもしれません。
空間は素敵かもしれませんが、両親に本心から心地いいと言われるかどうかです。

誰もが親と同じ歳になるのは想定内のこと。
両親が自分もこんな家なら住みたいと本音で言ってくれれば心配ない家でしょう。

間取りを考える時に自分が親の歳になっている想定もしてみてください。
長く住み続けられる間取りは、家族みんなの居場所があり快適に暮らせることです。

家族が笑顔で暮らすのが目的の家づくりです。

資料請求はここをクリック

子供に部屋は、間違い?

家族が集まるLDK

戦後の住宅づくりで一番の失敗は「子どもに個室を与えたこと」と思う建築家が増えています。

子供は、家族のために建てた家でスペースを与えられています。
でも、「うちの子供が・・・」というのがはばかられる年齢(たとえば40歳?)でも、自立しなさそうな男子女子が多いように感じませんか。
理由はいろいろでしょうが、快適な個室があるせい、とも思います。

個室重視、6帖4部屋の4LDKという間取りが間違っていたのでしょうか。
立派な部屋を与えられている子より、何でも楽しく会話できる親子の方がうらやましがられる「物よりこころ」の時代となっています。

子供が小さなうちから、こもる部屋ではなくコーナーを当たり前にしたらどうでしょう。

子供に教育費を掛けるなら0歳から10歳、一番お金を掛けた甲斐があるそうです。
親の言うことを聞く年齢のうちにきっちり勉強癖をつければ、ずっといい成績で大学受験も苦労しないそうです。
幼いうちに親子の会話をたくさんするように、子供部屋のあり方と家族の住まい方をもっと考えてくださいね。
親との会話から子どもは社会性を学び、自分の話を人に伝える技術を学びます。

勉強がリビングでするものであれば会話は増えますね。

家族が笑顔で暮らすのが目的の家づくりです。

資料請求はここをクリック

後悔しない家づくりを

楽に住む

家を建てて、建てなければよかったと後悔する人もいることは事実です。
それは、自分に合った家を建てられなかったから。
ずっと建てたいと思っていても建てる時には時間がたっている場合、時間がたった分だけ計画を見直さなくてはなりません。

子供が中学生になると部屋数が欲しい時期でしょうが、そんな時間は意外に短いのです。

夫婦二人暮らしの時間が長いことを考慮した間取りにすると、後悔が少なくお金もかかりにくいように思います。

人生90年~100年となった今(いつのまに!)、子供の個室が必要なのは13歳~10年位です。

子どもはやがて結婚し自立します。
結婚、出産、自立、その繰り返しが家族です。

夫婦だけで暮らす時間は長く、ひとりへの変化にも備えて動線を短くしましょう。

区切られた子供部屋をいくつも造るより可変性のある間取りにしておきましょう。
赤ちゃんの頃から、ドアも間仕切りも何もなし!位に思い切ると子供が12歳までオープンに家中で広々暮らせます。

住んでいる人が違えば家族ごとに間取りも違います。
住み心地だけでなく住宅ローンについてもそうです。
値段の高い家で幸せになれるのかといえばそんな保証は有りません。
長持ちする家が幸せの元ではありますが。

長持ちする家は、子供に合わせた家ではなく夫婦に焦点を合わせた家です。

子供が喜ぶからとスキップフロアの家を建てたら?
親の方が早く歳をとります。
バリアフリーがうれしい歳がやってきます。

リフォームをさせていただく家では実際にそういう事態が起きています。
「この段差がいらないのよ」
「若い時はおしゃれだと思ったけど」
「歳を取るってこと、わかってなかったな・・」
「隣の家の間取りが今はいいと思う・・」

後悔しない家づくりをしましょう。
一生そこに住む「夫婦がずっと笑顔で暮らす」のが家づくりの目的です。

資料請求はここをクリック

本当にエコな住宅とは

家を守る軒の出

究極のエコ住宅とは?
30年程度の短期間で建替えたくならない家、だと思います。
長く住める間取りで愛着の持てる家を建てることです。

今までの住宅サイクルを見ると、家族構成の変化に対応できない間取りの家が、取り壊される「いの一番」です。

自分のご両親の家は、自分の家作りの参考にしたい家ですか?
 

今35歳で子供を中心に間取りを考えていませんか。
自分も両親と同じ年になること、予測していますか。

両親が段差を嫌ったら、将来の自分も嫌うだろうと気づきます。
自分が親元を出たように、子供も自分のもとを去ります。
子供と一緒に住む間は自然にたくさん顔を合わせる間取りにしませんか。

一般的な住宅は4LDKなど、6帖が何室あるかがメイン。
ですが、子供に個室が必要な期間はどれぐらいでしょう。

小学生のうちは親と一緒なので、それ以降、自立心が育つ中学生、高校生、大学生までの10年間?
だからLDKで勉強し、中学生になったらベッドを置くスペースを区切ります。

注文住宅の4LDKとしてお勧めしたい間取りは
・思い切りLDKを広くする。
・子供には寝る所と割り切ってベッドと趣味用の机が置ける2m×3mのコーナー。
・残った帖数をプラスして夫婦の寝室を9帖。

ず~っと生活を共にしていく夫婦をメインに考えます。
子供が自立しやすいように子供部屋を快適にしすぎない計画。

子供が自立したあとはオープンなスペースに戻します。
子供と孫が泊りに来たときにはそれなりの一部屋があることになります。
孫が遊びに来ることもなくなれば、趣味部屋にします。

大きなLDKと大きな主寝室があると長く住める家になりますね。

建替えや大規模リフォームをしない家はゴミ処分や新たな建築費をかけない究極のエコ住宅、間取りをよく考えましょう。
家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくりです。

資料請求はここをクリック

リビング階段

リビング階段

市川より:リビング階段とは。

家族の集まるリビングに階段があること。

アメリカのホームドラマにはよくある階段で、日本の公団住宅では見ない階段です。

2階から家族が集まるLDKに降りてくると無理なく自然に会話が増えます。

個室にいる時間は自立心を育て大事だけれど、快適な個室に籠っていたら家族を無いものとしてしまいかねない。
皆と自分、いい按配ができるのがリビング階段。

ひとりになりたいときは個室で、リビングに降りれば、家族がいる。
安心感があるから自立できるのだそうです。

愛情深い家族とそうでない家族の差は、もしかしたら間取りがそうさせているだけかもしれません。
注文住宅で、自然な触れ合いを考えた間取りで家づくりをしましょ。

家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくりですから。

資料請求はここをクリック

お家は仕事場

ユーティリティー

お家では家事が仕事といっていいですね?

会社という仕事場はストレスが無い職場ですか?
回転椅子は5本足でしたが、今では6本脚です。
移動しやすさとか、体重分散のためらしいです。軽くて音が静かになりました。
コピー機も機能が増え機械にやってほしいことは機械に任せることができます。

家はどうでしょう。

築年数が古い家のキッチンは作業台の高さが低めで肩や腰に負担がかかります。
タイル風呂のお掃除はなかなか大変。
間取りは特に気になるところですが、廊下に出てトイレや洗濯機への導線が多いと思います。

お掃除、洗濯、ご飯の用意など、日中は一人でお家の中を動きます。
または、時間が無い中で家事を行う場面もあります。
何のための家でしょうか、家事動線は短くあるべきなのでは?

家事が楽な間取りを考えると、何歳でも楽に住める家になりますよ。
家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくりですから。

資料請求はここをクリック

スキップフロアとバリアフリー

小上がり和室

渡辺篤史氏の建物探訪という番組を見てます。
”住まい”が大好きだから。

気になるのはスキップフロアの家が多いこと。
「終の棲家(ついのすみか)ではないのか・・?」

小さいお子さん、お父さんお母さんは働き盛り、おじいさんおばあさんはそう呼ぶのも申し訳ないほどにお若い。
施主が35歳ならご両親は60歳前後ですからね
この時放送の家はスキップフロアでリビングが3階にあるようなものでした。
施主様もお子さんが自立した後にはご両親の年齢に近づきます。

渡辺篤史さん、今年69歳。
椅子にお座りになる時、ホッとしているように見えるのは私だけ・・・。

バリアフリーという言葉をありがたく思う年齢はまだ先かもしれませんが、高低差がカッコいいという家では、死ぬまで楽に暮らすのがむずかしい。
外で脚でもケガしたらキッチンまで行けない?

子どもと高低差を楽しんで暮らして、身体がつらくなったら手放すのも一つの考えですし、大掛かりなリフォームをして住み続けるのもありです。

自分の家です!いいと思います!!家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくりですから。

資料請求はここをクリック

家事コーナーとスタディコーナー

お気に入りの場所はどこ?

キッチンで作業をしながら家族を見守りたい、家族の気配の中で家事をしたい
そう思う方は多いのではないでしょうか。


たとえば小上りの畳コーナー、ダイニングや、ソファなど、居場所がいろいろあれば、家族も居心地良く過ごせるのではないでしょうか。

幼児期からオープンな暮らしをしてしまえば当たり前になりますからね。
触れ合いながらの暮らしに慣れさせてしまいましょう。

その場合の間取りはちょっとしたコツがあります。
リビングにはお子さん用の固定のスタディコーナーを設ける。
子供室はお子さんのベッドが置ける広さでヨシとする。
お子さんがリビングで勉強すると家族の会話は増えます。

また、子供室を広くしたら快適な個室にこもりがちになってしまう場合があります。
そしてお子さんが自立してしまうと使われない部屋が物置と化すことも多いようです。

家事をしながらお子さんを見守る間取り。
いいと思います!!家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくりですから。

資料請求はここをクリック

家相、風水

清潔なトイレ

新聞に、家相で「中国では風向きが北西から吹いてくるので、湿気の多い水廻りを配置すると家全体に湿気が広がってしまうから鬼門」とすると語られているが、鬼門を忌み嫌うのは日本人だけだと書いてありました。びっくりです。

鬼門は、敷地を選ぶための知恵でした。
広大な大地のどこに建てるかの先人の知恵だったのでしょう。

現代では、土地は、仕事や学校、利便性などを判断基準にして選びます。
ですから、もともとの家相の考え方の土地は入手しにくいものです。

そして、広い家なら逃げられる鬼門も、逃げ切れない間取りになってしまうことも多いと思います。

昔は、臭くてウジが湧く便所は母屋の端の廊下の隅で、一番遠くにありました。
もっともっと前は、離れでした。傘をさして用を足しに行きました。

それに比べて現代は、湿気もなく臭くもなく、清潔な水廻りを身近における便利さを手に入れました。
年老いたとき、水廻りが近いと家事に便利で楽に暮らせてありがたいものです。

どうしても家相が思うようにいかないことを気にする方のために、お祓いが有るのだろうと思います。

いいと思います!!家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくりですから。

資料請求はここをクリック

リビングから玄関の様子がわかれば

奥の黒いのがキッチン
リビングの中にある広い玄関で
自転車をメンテナンスする

リフォームさせていただいたお宅での会話です

Hさん 「このキッチンの壁取りたいのよ」
奥山   「裏がリビングになってる壁ですか?」
Hさん 「そう、一人で家事している感が嫌」
奥山   「わかります。イヤですよね」
Hさん 「それに、廊下から帰ってきた主人がいきなりそばに居たりしてびっくりするの」
奥山   「驚きますよね。心臓に悪そうですね」
Hさん 「玄関が見えれば帰ってきたのがわかって嬉しいんだけど。。。」

キッチンから玄関まで廊下でつながり、距離のある家では、家族の帰宅に気がつきにくいのは事実です

炒め物はけっこうな音がします。
家族が帰ってきても気づかず子供がそのまま2階へ・・・なんてこともあります。

料理をしていても玄関の様子がわかると防犯面でも安心感が違いますヨ。

リビングから道路の様子がわかるように窓を配置すると、外の気配がわかり気分転換にもなります。

樹木が風で揺れる様子を眺めるのもいやしの効果があります。
防犯の意味からも玄関廻りの様子がわかるような間取り。

いいと思います!!家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくりですから。

資料請求はここをクリック

サイエンスホーム市川店/家づくりのめぐみ建設

047-301-2997

千葉県市川市北方町(ぼっけまち)4-1783-23
9:00~18:00 年中無休(正月はお休みです)