千葉県市川市で木造住宅専門のリフォームなら

Megumi・House
家づくりのめぐみ建設

千葉県市川市北方町4-1783-23 〒272-0811

047-301-2997
受付時間 9:00~17:00
受付無休
営業時間
9:00~17:00
定休日 
日曜日

無料相談予約・お問い合わせはこちら

 新着順 「近頃ブログ」 5月~6月/2020年

キッチン設備を移設リフォーム工事  6月24日

既存キッチンを移動します

リフォーム工事

既存キッチンを移設中。

まだ新しく設備も充実しているキッチン。キッチンの部品をすべてバラシて組み立てなおします。

リビングを広くするためのリフォーム工事。
キッチンを増築し設備を移動します。

リビングダイニングが広がって、ダイニングとリビングが分けられる空間になります。

家族お気に入りの居場所ができるように、どんな家具配置にするか楽しみが待っていますね。

洗面台交換リフォーム工事  6月18日

ビフォー 洗面台取り外し
アフター 新規洗面台取付

洗面台交換リフォーム工事

水漏れの洗面台のバルブを閉め、長くお使いでした。
クロスの汚れが気になり、クッションフロアの模様の中に入った汚れが気になり
いよいよ洗面台交換リフォームです。

洗面台のボウル高が10センチ高くなり、水栓も変わり、色も変わりました。
天井と壁のクロスを変え、クッションフロアも汚れが付きにくい柄に変え、
洗面台の幅も60センチから75センチに変えました。

ボウルの高さは、若い方や身長のある男性には使いやすくなったようです。

収納が増え、洗髪できる水栓に変わります。
シャーワーヘッドが10センチ可動します。

介護をしていた方が、バケツが入らないと困ると言っていましたが
これならバケツも入ります。

都合に応じて使い勝手を変えられる水栓になりました。
どんな使い方が必要になるかそれぞれですが、風呂に入らず髪だけ洗えるのも、
季節によっては便利な使いようであると考えます。


増築リフォーム工事 外壁張り出し  6月11日

サッシ取り付け 透湿防水シート張り

増築リフォーム工事

外壁を張り出してます。

木目調のサイディングです。
汚れやすくない色、既存と違うもの、という選び方でした。
ベージュ系の既存外壁と同じものはもうありませんから、いい選択でした。

しかも木目調のこの色は流行に関係ありませんから、飽きることがありません。

部分で締まる色使いです。

増築リフォーム工事 サッシ取付 壁透湿防水シート張り 6月9日

サッシ取り付け 透湿防水シート張り

増築リフォーム工事

外部がふさがりだしました。

 

まだ、内部既存壁との取り合い部を壊しません。

外側をふさいで、戸締りが有効になってからです。

そうでないと不安ですから。

【リフォームを検討中の方へ】一番多い失敗の事例とは? 6月7日

カフェ風リフォーム

「リフォームをしたい。」

「でも、できれば失敗したくない。」

このような悩みを持つ方は多いのではありませんか?

リフォームに失敗すると、余計な費用がかかってしまう可能性もあるし、気持ちも落ち込むし失敗したくありません。

しかし、どのようなリフォームをすれば失敗しないのか分からないのではありませんか。

そこで、今回はそんな方に、失敗しないリフォームの方法を簡単に紹介します。

リビングの失敗例

*窓の大きさ

多くの光が差し込む明るい部屋を作るために窓を大きくしたいと考えている方は多いと思います。

その場合、窓の位置をしっかりと確認するようにしましょう。

窓からの景色を想像することは難しいですが、近隣住民とのトラブルを起こさないためにも、きちんと窓の位置や大きさを検討することをおすすめします。

また、窓を設置する方角にも注意です。

南側に大きな窓を作ると、部屋の温度が上がりすぎてしまうことがあります。

その場合は窓を断熱仕様にするなど、室温を上げすぎないように注意です。

特に注意は西側です。
できれば西には窓を設けないほうがいいのですが、
どうしてもというなら2重窓にしたり、窓の外側で日差しをさえぎる方法をとるとよいです。

 

キッチンの失敗例

*シンクの広さ

大きなシンクでは食器が洗いやすくなりますが、その分、調理スペースが少なくなってしまうため、使いにくいキッチンになってしまいます。

食器洗浄機に洗いをまかせると割り切って調理スペースを確保すると、配膳台も兼ねて使いやすくなります。

キッチンのリフォームを検討している場合、実際に料理をする状態をイメージして、レイアウトや広さ大きさを考えると、失敗しません。 

寝室の失敗例

*寝室の場所

寝室を作る時、リビングなどの人が集まりやすい場所に作らない方がより良い方法です。

寝室とリビングが近いと、音が聞こえて寝にくいだけでなく、リビングにいる人も寝ている人に配慮してしまい、くつろぐことができません。

家族によっては、生活時間が違う場合もあるので、家族全員が気を使わず過ごせるような部屋のレイアウトを考えるとよいです。

また、寝室が隣家に近いと音に敏感になってしまい、トラブルの原因になることも多いです。

そのため、隣家近くに寝室を設置する場合は吸気口の位置に配慮が必要です。

まとめ

今回は、失敗しないリフォームのやり方について紹介しました。

リフォームには、設備によっても様々な失敗例があります。

当社では木造住宅専門のリフォームをおこなっています。

増築リフォーム工事 床捨て貼り 屋根下葺き 6月6日

増築リフォーム工事 屋根下葺き

増築リフォーム工事

最初に屋根をつくります。

雨が怖いからですね。

自然にはかないませんから急いで木造を守る工事です。

アスファルトルーフィングで下葺き、上葺きは後日。

これでひと安心です。

増築リフォーム工事 土台敷き 柱建て  6月5日

増築リフォーム工事 軸組み

増築リフォーム工事

天候に恵まれました。
土台敷きと柱を建て、母屋をかけます。

部屋の大きさがやっと実感できるようになりました。

今日は午前中5人、午後からは3人で、それぞれ分担作業です。

屋根で1人、柱で1人、床で1人。

床の大引きを入れてます。

和室リフォーム工事 畳をフローリングに変える 6月2日

リフォーム工事 畳をフローリングに

和室の畳を撤去処分し、フローリングに変えてます。

前もって畳の厚さを調べ、どんな材料が必要か現調してます。

こちらの部屋は他の部屋がダークな色調なので合わせました。

一部屋だけ明るい床があってもいいのですが、こちらは格調が下がるような感じがしたので、ダークにしました。

捨て貼りをして強い床を作っています。
階下に音の影響を出さないよう、ゴムで下地の縁を切っています。

増築リフォーム工事 基礎準備 5月25日

増築リフォーム工事 鉄筋準備

増築リフォーム工事中

基礎の礎は「いしずえ」

新築と同等で配筋や基礎厚を決め工事しますが、
この現場は既存位置合わせで基礎厚180です。 

増築リフォームでは既存の設備との関係をどうするかという問題が必ずあります。

どう利用し、無駄な長さを作らずできるか。
なぜなら勾配をとらないと排水できないからです。

給水や給湯は圧力があるのでまだなんとかなるのですが
排水はそうはいきません。

自然に流すのが一番いい方法ですが、
そうできない場合はポンプアップという手段になります。

設備と設備を納める工事と生活するには電気代がかかります。
故障もしますし、経年劣化もします。 

作ったものは必ず劣化します。
いずれ直さなければならない時が来るので
必要以上に多くしないほうがいいと考えます。

 なので後でかかる費用をなるべく抑えるように計画をします。

家は大事な所。
経年劣化や、家族の暮らし方に合わなくなったところをリフォームしながら住み続けます。

外部、例えば雨樋一つとっても、気づいたら早めに直さないと家そのものを傷めてしまいます。
手当が遅くなれば外壁の補修もしなければならないなど、余分に費用が発生します。

 人と同じで、早期発見・早期治療、傷は浅いうちに・・・です。

どうぞお気軽にお問い合わせください

千葉県市川市で木造住宅専門のリフォーム店、女性担当のリフォーム店をお探しの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちらへ
受付時間 無休 9:00~17:00

047-301-2997

営業時間:9:00〜17:00
休業日:日曜