市川市、無垢で作る自分流の間取り

無垢で作る自分流レイアウトの家と平屋

家づくりのめぐみ工房

〒272-0811 千葉県市川市北方町4-1783-23

9時~17時 火・水定休

047-301-2997

女性目線の家づくり

主寝室・子供部屋

個室はコンパクトに

リビングを広く子供部屋をコンパクトに

リビングは家族のだんらんのために広くし、子供部屋をコンパクトにするという家づくりが増えているようです。

そうすることで、子供が部屋にこもらず、親子でリビングで過ごす時間が増えます。
リビングに勉強するコーナーを作るとお子さんも勉強する時間が増えます。

今暮らしやすく年数がたっても暮らしやすい間取りを考えておくこと。
家族が増えたら?など対応するためにフリースペースを設けておくのもひとつです。

ページのトップに戻る

後悔しない家作りを

家を建てて、建てなければよかったと後悔する人もいることは事実です。
それは、自分に合った家を建てられなかったから。
ずっと建てたいと思っていても建てる時には時間がたっている場合、時間がたった分だけ計画を見直さなくてはなりません。

子供が中学生になると部屋数が欲しい時期でしょうが、そんな時間は意外に短いのです。
夫婦二人暮らしの時間が長いことを考慮した間取りにすると、後悔が少なくお金もかかりにくいように思います。

人生90年~100年となった今(いつのまに!)、子供の個室が必要なのは13歳~の10年位です。
子どもはやがて結婚し自立します。
結婚、出産、自立、その繰り返しが家族です。

夫婦だけで暮らす時間は長く、ひとりへの変化にも備えて動線を短くしましょう。
区切られた子供部屋をいくつも造るより可変性のある間取りにしておきましょう。
赤ちゃんの頃から、ドアも間仕切りも何もなし!位に思い切ると子供が12歳までオープンに家中で広々暮らせます。

住んでいる人が違えば家族ごとに間取りも違います。

住み心地だけでなく住宅ローンについてもそうです。
値段の高い家で幸せになれるのかといえばそんな保証は有りません。
長持ちする家が幸せの元ではありますが。

長持ちする家は、子供に合わせた家ではなく夫婦に焦点を合わせた家です。
子供が喜ぶからとスキップフロアにしたあとは?
子世帯と暮らすことはなく、核家族が常。
親は住み続けバリアフリーでよかったという歳になります。

リフォームをさせていただく家では実際にそういう事態が起きています。
「若い時はおしゃれだと思ったけど」
「歳を取るってこと、考えてなかった・・」
後悔しない家づくりをしましょう。

ずっと暮らす「夫婦が笑顔でいるべき」ですね。

ページのトップに戻る

子供部屋

戦後の住宅づくりで一番の失敗は「子どもに個室を与えたこと」と思う建築家が増えています。
子供は、家族のために建てた家の中のスペースを与えられています。
「うちの子供が・・・」というのがはばかられる年齢(たとえば40歳?)でも、自立しなさそうな男子女子が多いように感じませんか。
理由はいろいろでしょうが、快適な個室があるせい、とも思います。

個室重視、6帖4部屋の4LDKという間取りが間違っていたのでしょうか。
立派な部屋を与えられている子より、何でも楽しく会話できる親子の方がうらやましがられる「物よりこころ」の時代となっています。

子供が小さなうちから、こもる部屋ではなくコーナーを家族の当たり前にしたらどうでしょう。

子供に教育費を掛けるなら0歳から10歳、一番お金を掛けた甲斐があるそうです。
親の言うことを聞く年齢のうちにきっちり勉強癖をつければ、ずっといい成績で大学受験も苦労しないそうです。

幼いうちに親子の会話をたくさんするように、子供部屋のあり方と家族の住まい方をもっと考えてくださいね。
親との会話から子どもは社会性を学び、自分の話を人に伝える技術を学びます。

勉強がリビングなら会話は増えますね。

ページのトップに戻る

勉強部屋という子供部屋は不用!?

頭の良い子はリビングで育つという話を聞きます。
「リビングで勉強した」と答える東大生が多いらしい。
小さい頃からリビングで勉強させる。
雑音のあるリビングで勉強すると集中力がついて試験の時も周りの雑音に気を散らさないそう。

「自分の部屋で勉強しなさい」と言わない。
家族にも「お兄ちゃんが勉強しているから静かにして」と言わない。
集中していれば聞こえないからです。
本番の入試で他人のたてる音で集中できない事態を避けられます。

自分の部屋は勉強以外のための部屋。
ゴロゴロしたいとか寝るとか。
経験上、一人で自分の部屋で眠るのは10歳以上になってからです。

子供部屋は寝るためと自立心が育つのに必要だが、勉強部屋としては不要かも。

食事のたびに「片づけて」とさえぎらなくてよい勉強コーナーを設けたらどうだろう。
将来はパソコンコーナーや家事コーナーに転用できます。

ページのトップに戻る

自分流レイアウトの住まい”tsumiki"

めぐみ建設の家づくり

家づくりのめぐみ工房

047-301-2997

千葉県市川市北方町4-1783-23 〒272-0811
9:00~17:00 火・水定休   FAX:047-337-9917