市川市の注文住宅、木の家専門の工務店

  千葉・市川市の注文住宅、木の家専門の工務店

サイエンスホーム市川店
     家づくりのめぐみ建設

〒272-0811 千葉県市川市北方町4-1783-23

見学予約受付 9時~18時
年中無休

047-301-2997

家づくり全般のヒント

市川で注文住宅を建てているめぐみ建設です。家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくりですから、土地や構造についてヒントになればと書いています。

田舎暮らし

ほっとしますね

田舎暮らしについて考えてみました。

地方移住は心積もりが必要だと思います。

・移住は元気なうち

・趣味を通して地域に積極的に参加

・住宅内だけでの静かな暮らしより

 地域参加の多世代交流

 

高齢になると環境の大きな変化に心身ともに耐えられなくなる。

引き取った親が急激にボケる、こんな声はよく耳にする。

 

子育てをしながら得てきた人間関係、親子関係、

買い物、病院、最寄駅、レストラン等なじみの場所

すべてを手放して新しい人間関係と環境で暮らしだすことをよく話し合うほうがいい。

 

また、思いがけないことが起きたらどうするか、こんなことも視野に入れた方がいい。

 

それは、共に暮らしを楽しむはずの配偶者の死。

全てを手放してきて妻あるいは夫に先立たれたとしたも一人で新しい環境になじんでいくのか。
実際に外国に余生を求めたご夫婦に起きたこと。

田舎暮らしは勇気がいることかもしれない。

資料請求はこちら

小さな家で良かった

小さくていい

江戸川区で新築工事中、ご近所の方とお話しました。

「できてきたわね」

「いつもありがとうございます」

「新しくなるのはいいわねえ」

「そうですね」

「ウチは小さくて」

「お隣で敷地は同じですよね、十分だと思いますよ」

「そうかなあ」

「大きな家の方は、売れるなら売って小さな家に引っ越したい。2階をなくして家を小さくできる?と聞かれます」

「え~?そうなの!?」

「そうなんです。一階で充分で、誰もいない2階をお掃除するのはホント大変!と」

「そうかもね、ウチは今回お父さんを送ったしね。娘は嫁に行ってたまに来るぐらいだし、もう私一人になっちゃった」

「先日は大変でしたね」

「悪かったね。工事止めさせてね。。。あの日お父さん倒れたから。この家は手狭だと思ったこともあるけどね」

「ご近所の方もいい方ばかりで、いつもお話しされてますね」

「そう、鍵閉めてないから。いい~!?いる~~!?って、ドア開けられてねえ。

丸見え、開けられたら居る。小さな家でよかったわ(笑)」

 

資料請求はこちら

木造住宅は長持ちの家

メンテナンス

ビフォーアフターで見た築120年のカヤブキ木造住宅の改造。

120年間も壊されず住み続けられたのがすごいです。

恥ずかしくて人を呼べないと住人は言っていました。

確かにすごい状態でした。

 

でも、木造だから残せていたのです。

これがコンクリート製だったら寿命が来るのでとっくにボロボロ崩れています。

 

リフォームして住み続けられるのは木造だからです。

120年の家、リフォームしたらすばらしい味のある家になりました。

 

子供のために、自分たち夫婦のために、安心して長く住み続ける家。

老後になってから建て替え、仮住まいになるコンクリート製はお勧めできません。

 

長持ちの木造住宅は、経年変化が味となる家だと思っています。

資料請求はこちら

当たり前の家作り

景観

2017/12/16 
~市川の木の家の工務店より~

人間を守るのがあたりまえの家。

あたりまえの家をつくりましょう。

 

骨組が室内から見える家。

骨組の間に面材を張るようにしたシンプルな家作り。

こういった家は木がたくさん見えるようになります。

特別に計画しなくても木がたくさん見えてきます。

めぐみ建設、資料請求はこちら

まさかの時の備えを住まいに

二人暮らし

2017/12/2 ~市川で木の家を建てます~

近所の方が自転車で転んで骨折し、ご主人に家事を助けてもらっています。

「まさかこんなことが自分に起きるなんて」

「あなたも気を付けてね。まさかの事故は起きるのよ」

との言葉でした。

そうなるときはなるんですね。

職業病、すぐ家に結び付けます。
住まいはバリアフリーでないと困るよね。
老後だけでなく、まさかの事故にも備えないと。


そういえば、だいぶ前のリフォームでも似たようなことがあったと思い出しました。

病院から戻ってくるお母様のためにエレベーターを付けたのですが、なんと若奥さんが怪我をして、足にギブスで松葉杖となりました。

「親のためだったけど、エレベーターを自分が一番に使うことになるとは…」

「2階のリビングまで行けるからよかった」

1階が駐車場で、地上から1階の玄関まで17段。
さらに2階のリビングまで13段。
3階の寝室まで13段。
お洗濯を干す屋上まで13段。

エレベーターが役に立ちました。
室内に段差はなく、まったく心配ありませんでした。

誰もが老後を迎えますが、怪我するしないもあるんですね。

住まいに段差があると怪我をしたとき後悔しそうです。
それに、しなくていい怪我までしてしまうかもしれません。
もっと言うと、2階リビングにするべきでないとも思います。

老後の備えだけでなく、当たり前でないことが起きることも考えて、リビングやトイレ・風呂は1階にあるほうがいいですね。

あ、エレベーターが有るなら話は別です。

 

めぐみ建設、資料請求はこちら

小さくてかわいい家がおすすめ

2017/11/6 市川の木の家の工務店より~

小さくてかわいい家がいいですね。

市川は30坪くらいの土地が多いですが、丁度いい広さです。
いずれ二人暮らしになりますから、1階で暮らせるようにしておくと心配ありません。

住み心地のいい家は自分でつくり、楽しめるといいですね。

うっかり扱っても壊れないものがいい。
毎日の暮らしの中でそう思います。

毎日毎日使って壊れなくて、良い味が出てくるものに囲まれていたいと思います。

昔の木造の小学校の校舎がそうでした。

黒光りしていた廊下の床。
傷にも温かみがありました。

 

大きな家を建て、子供たちが自立した後、使わない部屋を掃除をするのが大変だという方がたくさんいらっしゃいます。

「2階を全部取り去ってしまうことはできるの?」

「はい、できます」

小さくてかわいい家で、神経質にならないで、家族とにぎやかに暮らしたいですね。

時が来たら夫婦二人でちょうどいい、そういう家がいいですね。

サイエンスホーム市川店、資料請求はこちら

住んでからの不満

2017/10/27 市川の木の家の工務店より~

あるアンケート。
~住んでみてからの不満はなんですか?

1位、高齢者への配慮不足・段差 58.4%

2位、省エネルギー対応 53.0%

3位、地震、台風時の住宅の安全性 49.7%

4位、住宅の断熱性、気密性 46.2%

・・・・

12位、台所、トイレ、浴室の使い易さ、位置関係 36.9%


建てる前の希望とは違い、実際に住んでからは、イメージではわからない部分に不満が出てくるようです。

住宅の構造に不満を抱えているのです。

建てる今の年齢だけでなく、35年後も楽に暮らしていける住宅なのかと考えるとアンケートの結果のような不満を持たなくて済みますよ。


建てる時に、将来大規模リフォームをしないプランを心がけましょう。


住宅にかかるお金を減らし、赤字家計にならず、ゆとりの生活を送る資金計画が実現できます。

資料請求はここをクリック

住めば都

住めば都

2017/10/17 市川の木の家の工務店

お金に不安があったので建物を我慢してしまったと、生活費の安全率を見込み過ぎたことを悔やんでいる人がいます。
設計が悪く、昼から電気をつける家に落ち込む人もいます。

それに比べると、土地選びを我慢して失敗した話は聞きません。

結局暮らすのは家の中、家に満足できないから後悔するのでしょう。

 

よく言われる言葉は「住めば都」
知らない土地より住んだ土地に愛着を持つのは当然です。

田舎を持つ人が実家のある地域を好きなのは、そこをどこよりも知っているから。

親が選んだ土地、特別な場所です。

そうやって子供は親の選んだ土地で育ってそこを故郷という。

若いうちはどこに住んでも慣れていくものです。

暮らすのは家の中、満足する家づくりをしてください。

資料請求はここをクリック

住宅は長く住む

趣味を楽しみましょ

市川市の木の家の工務店~

興味深い話題がありました。

田園調布「住宅の土地、1区画50坪以上9m以下の2階建てまで」というきまり
土地は1坪300万円 1区画は1億5千万円となる
土地に1億5千万、建物に1億?

おのずと田園調布に住める人が集まる
その環境が欲しい人が集まる

商業地域と住宅地を分ける
住宅地には派手な看板を許さない
商売で目立ちたいなら商業地域に出店すればよい
住宅地は生活する地域と打ち出す

行政の都市計画は影響力が大です。

その結果、素敵な街が出来上がり
少子化にも関わらず人が集まる街になっていきます。

とても時間がかかります。
基地の周りを市街化調整区域にして、住宅禁止にはできなかったのでしょうか。

わが街市川はどうなんでしょう。
魅力ある街づくりでしょうか?

例えば駅前の高層化!
路地に面したハモニカ横丁を整備して残したら魅力が有ったのではないか?
高層の建物はコンクリートの寿命がきたら60年後には取り壊しです。

ついでですが本八幡駅付近の3階建て3階建ての建売を買う人は30代。
35年後には70歳に近い年齢となります。
1階は浴室と洗濯脱衣室、ガレージ
2階はキッチン
3階は3部屋の寝室がある3LDK。
定年後に住み替えになりませんか?

夫婦二人が住める小さな可愛い2階建ての家でいい
1階に水廻りを集約し
何かあっても1階だけで暮らせる家のほうがいいと思います

35年後を考えると段差のある家はありがたくないように思います

家を買う時が一番若いです
その後、定年を迎え、老後も元気で長生きします

住み替えや
大がかりな間取り変更のリフォームをせず、外部のメンテナンスをしながら長く住み続けるお家です

住まいの年齢も自分の年齢も増えていきます

 

個人の家づくり計画も、今だけではなく、夫婦二人になる時、最後は一人になる時まで
、長い目で考えることが大切です


家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくりですから

資料請求はここをクリック

家づくりは冷静に!(屋上を作ったけど・・・)

こころ穏やかに

 市川の木の家の工務店~

家づくりを考えている方はアツイ!です。
いい家を手に入れたいと夢いっぱいです。
この時期は騙されやすくなったり、判断ミスを起こしやすくなります。

まず、頭を冷やしましょう。

以下は失敗の1例ですが、どう思いますか。

Aさん「屋上を作ること考えますか?」

奥山「使う時があまりないと思いますから提案しないでしょうね」

Aさん「あ~~、もっと早く会いたかった!それを聞きたかった!」

奥山 「そうなんですか」

Aさん「僕は、造っちゃったんですよ!迷ったんですけどね。失敗でした!」

奥山「作ったんですね。なにが失敗なんですか?」

Aさん「結局誰も行かないんです。2階の上ですから」

奥山「そうですね、2階の上ですね。行かないんですね」

Aさん「それに6年ごとぐらいで、床のメンテナンスの費用が掛かるって」

奥山「メンテナンスは絶対ですね、床が屋根なんですね」

 

Aさんが家づくりを始めた頃、屋上はいいですよと言われたんでしょうね。
家族でそこで楽しく過ごしてくださいよ、とか。

現実には、バーベキューの材料を誰が持って行ってどう片づけるのでしょう。
キッチンは1階、面倒です。
それに、市街地のバーベキューは近所迷惑と苦情を言われると聞きました。

使用しないのにメンテナンス費用がかかるのは、ホントに我慢ならないでしょうね。

 

では、屋上に夢を持ち家づくりが始まった時、「屋上はリスク」がAさんの耳に届いたでしょうか。
夢いっぱいのとき、日本で一番安い金利のローンが借りれるんです。

家族で暮らすために、いい家を作りたい、屋上が欲しい!!思いが募ります。

メンテナンス費用は自費を持ち出すのだと考えもしなかったでしょう。

アツくならずに冷静に考えてください。
お金をかけてもこれだけは譲れないところ、お金をかけてもいいところ。

家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくりです。

資料請求はここをクリック

耐震性について

耐震性

市川の木の家の工務店より~

建築基準法の建物、「想定される地震」「被害」

  • 数百年に一度発生する(住宅の密集する都市で震度6強から震度7程度)地震に対して、倒壊・崩壊しない
  • 数十年に一度発生する(住宅の密集する都市で震度5強程度)地震に対して、損傷しない

上記は、数百年に一度では倒壊せず数十年に一度では損傷しないということ。(耐震等級1)

良い地盤ならこれで十分な内容です。
耐震等級2は上記の1.25倍の建物。
耐震等級3は上記の1.5倍の建物。

丈夫さと暮らしやすさとデザインとを同時に手に入れたいなら耐震等級を上げすぎないこと。
開放的で暮らしやすい家ができます。

全体の平面図が正方形に近い形で、バランスがいい建物。
出っ張り引っ込みがなく、地震の揺れに均一に耐える形で直下率も考えましょう。

出っ張り引っ込みがあると、揺れが変わり無理な力が集中し壊れます。
L型のマンションは長方形の縦と横のジョイントで、縁を切ってあります。

長方形の縦型と横型では揺れの方向やスパンが違うので、ぶつかるように揺れだして壊れるからです。
単独で四角いマンションが安全です。

地震の揺れは必ず東西からくるとは決まっていません。
南北に細長い建物は、東西の揺れには強いですが、南北の揺れには弱いのです。

すっきりと四角い形でバランスのいい建物を考えましょう。
健康な心を保つために。

家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくりですから。

資料請求はここをクリック

土地予算を押さえて

暮らすのは家の中

市川の木の家の工務店より~

「日当たりが悪そう・・・・」

土地を見たときに出てくる言葉です。
この言葉に縛られると土地予算は高くなります。

「日当たり」を気にするのは多湿な風土が原因です。カビが付くだろう、日光消毒をしよう、という感覚でしょうか。

 

そんな感じで日当たりを気にされる人は多いですが、「共働き」の世帯が多い時代、昼は居ないことも多いです。
休みの日は外出して、家族の想い出づくり。
という場合、日当たりがあまり関係無いこともあるかもしれません。
その時は間取りで日光を取り込むほうが土地予算を押さえられます。

日当たりは土地購入の決め手になる要素ではありますが、予算によっては、日当たりにしばられなくてもいいかもしれません。

四方が隣家という私の家も、設計で日当たりと明るさを確保してます。

土地の選び方については一般的に、北道路はお買い得です。


東南の角地は値が張ります。


「家に住む」のですから陽射しを取り込むように設計すれば、土地に使う予算を押さえることもできるのです。


家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくりですから。

資料請求はここをクリック

構造は何が強い?

市川の木の家の工務店より~

木造の大工さんとお茶していた時の話です。

 

大工さん「この前工事した家は鉄筋コンクリートだったよ。いや~スゴかったよ」

奥山  「スゴイんだ」

大工さん「だって、コンクリートだよ?強いからね」

奥山  「確かに強いね、でも木造はもっともっと長持ちするじゃない」

大工さん「でもコンクリートも長持ちだろ?」

奥山  「木ほど持たないけど、コンクリートで建てるのは目的によるかな」

大工さん「強い風が吹くからね、近頃、風が怖いよ」

奥山  「風に対抗したいならコンクリートは安心だよね」

大工さん「じゃあ、コンクリートは寿命が短いのかい?木造より長いかと思っていた。コンクリート壊すの大変なんだよ」

奥山  「自然石を積んで何千年かたつのがあるけど、コンクリートの寿命は60年だって」

大工さん「そうか、市役所建替えは寿命かい?個人のコンクリートの家もかい?大変だよなあ」

家づくりは、不安をかかえないこと!いいと思います!


家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくりですから。

資料請求はここをクリック

水道水

市川の木の家の工務店より~

日本の水道水は飲める。

世界の中で直に飲める水道水の国は13か国あるらしいですが日本の水道水はその中のひとつ。

匂いのある水道水も実際は有るのでそれを気にすることは確かにあります。
東京の神田で飲んだ水の匂いがイヤだなと思ったことが有ります。
でも、それは本当に水道水の匂いだったのかわかりません。
というのは、ビルの中で飲んだ水だったからです。
水道管から直の水ではなくて受水タンクを経ている水だと思います。

戸建の場合は水道管直結ですから心配ありません。

それはそうと、水が体に及ぼす影響より空気の影響の方が10倍も大きいそうです。

空気はあまりにも大きな存在なので気づきにくいです。
中国のpm2.5は影響がすごそうと思いませんか?
中国産が嫌なのは土が汚れているから?

シックハウスもすぐに結果が出る室内の空気環境です。
頭が痛くなったり、涙や咳が止まらなかったり。

知らされたことには過敏になりますが知らされないことに怖いことがあったりします。
知らないと検索ワードもわかりません。


家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくりです。

資料請求はここをクリック

家を建てる理由

 

市川の木の家の工務店より~

なぜ家を建てるのですか?
ここを良く考えましょう。

動機はいろいろだと思います。
「知人が建てたから」
「子供が学校に入るから」

では、どんな家?

広いリビングのある家
キッチンが使いやすい家
おしゃれな○○風な家、とか?

もちろん大事にしたいけど、家としての基本的なことをクリアしているかどうか。
つまり、地震に強いとか、安心して住めるかとか。


そして健康でいられるかどうかということです。
安心して住める家で笑顔で暮らしたいから、家を建てるのでは?

 

自然の力は想定外で当たり前。
まずは良い地盤を選ぶことから。
貝塚がでる地域は災害に強い、と言われてます。


家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくりです。

資料請求はここをクリック

整理整頓?すっきりリビングにしよう

市川の木の家の工務店より~

片づけについては、苦労しますね。
リビングや台所の片づけは毎日、しかも朝晩のことですしね。

 

以前、現場管理の講習会を受けた時聞いたこと、なるほど!です。

整理・整頓

小学生の頃からなじみ深い言葉です。

この言葉の意味を聞かれましたが「わかりません」

答えは
整理とは・・要る・要らない・・選別・判断
整頓とは・・いつもの場所・・置くべき場所に置くこと

現場が片付いている大工さんは、ドアの梱包を開けてすぐダンボールをたたみ、ひもで縛り、隅に積む。
それから、枠とドア本体を取り付ける。
床は片付いているので道具をすぐ手にできる。

 

現場が雑然としている大工さんはダンボールを開けて、枠を付けドアをつけ
廻りにはダンボールがバラバラ。
道具を探す時間が長くなる。

なるほど、まず、選別・判断をし、置くべきところに置く。
現場の様子を思い出し納得しました。

 

毎日の選別・判断、大変です。
毎日毎日繰り返して、片付くリビングになるんですね。

あとで、と思うとどんどん溜まっていきます。
後日整理すると、どれも不要だったりします。

「日々整理」ものと「1か月おいて整理」するもの、今判断できるものと、直ぐ判断できないものに分けていくといいようです。

 

住まいの新築やリフォームは整理のいいきっかけになります。

長い間に整理しきれていないものを要る・要らない、に分けて新しい住まいに持ち越さないものを決める。

その後、要るものをどこに置くか?
リビングに収納があれば片付くのか、洗面所に置けば便利なのか。

 

ついでですが、家の大きさを考える一助としてお話します。

子供が自立した後、夫婦二人の暮らしが長い長寿時代。
家が大きければ、塗装などのメンテナンス費も余計にかかります。
物の収納のために家を大きくするのは無駄に思えます。

つまり、荷物の収納を作るのにリビングの広さを削ることとなる場合は余分なものは思い切って捨てる。

リビングに置いてもいい物のために場所を作り、使ったら必ずそこに戻す。

同じ場所に置きたいものが現れたらそれのかわりに捨てるものを決める。
その場所からはみ出すものは捨てると決める。

 

日々、整理し続けることで片付いている部屋を維持します。

小さいお子さんには、大変ですが片付けを教えていくのは楽しみがあります。
なぜなら、余分なものを持たないクセが育ちそうですし、物の有り場所を決めると探し物をしない子に育つ?

そうすると、お母さんは楽ですよね(^-^)
家事全般はかどりそうです。家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくりですから。

資料請求はここをクリック

生きられる家(家そのもの)

市川の木の家の工務店より~

新しい住宅の世界 東大教授の難波和彦さんの書籍に共感しました。
以下部分転載です。

 

住宅は完成時が注目されることがほとんど
だが、住宅を作品としてみなすことは住宅の本質か?
住宅は完成した時点が終着ではない

住宅は風雨にさらされ周囲の環境になじみ時間をかけてその場所になじむ
住宅は時間をかけて着慣れた洋服のように身体になじみ生活の背景になる。

住宅は時間の経過が最も重要(住宅ローンも35年設定)

1955年築のユニテ・ダビタシオンは住み手が誇りを持って住み、現代に存続させている

新築で他と一線を画しているというだけでは長く住んでもらうことはできず、短時間(20年程度)で壊される

生活に貢献できる住宅ではないからだ

 

独りよがりの建築家が自分の作品を残したくても残し続けることはできない理由。

住み手に賛同され続けない住宅は、家族の変化に対応できない建売りと変わりない。
人の生活を考えない住宅は長く存続しない。

長持ち住宅でなければ住み手に金銭的な負担を強いるのは確実です。

 

家族が笑顔でラクに暮らすのが目的の家づくりです。

資料請求はここをクリック

サイエンスホーム市川店/家づくりのめぐみ建設

047-301-2997

千葉県市川市北方町4-1783-23 〒272-0811
9:00~17:00 日曜不定休